« 理想の社会 | Main | 不満足 »

October 06, 2004

ちょっと追加

足元が見えてないと揶揄されるようなこんな理想論を堂々と掲げる社長を俺は一人知ってる。
(彼の主張を完全に理解できてるワケじゃないので俺の解釈の範囲内で。。。)

『企業活動と社会的利益との整合性』
を俺が気にするのはこの人の影響。

50人程度の某外資コンサルタント集団の社長。

就職活動で彼に会えたのは、すごく、すごく、大きかった。
理想論を現実に変え貫き通す社会的実力。

いつか彼の下で働きたい。
そして彼に追いつきたい。

最も憧れる人間の一人。

  

|

« 理想の社会 | Main | 不満足 »

Comments

目先の損得にとらわれずに
長い目で見た時に成功できる道を選択する・・・・

選択する段階ではなかなか
勇気が必要です。少なくとも俺にとっては。

多くの日本人はそういう見方するの下手くそな
気がします。
自分の考えに自信が持てないからでしょうか。
それとも考えることそのものから逃げてるからでしょうか?

確固たる信念を持ちつつ
先に見据えた本当の成功に向かって
頑張っていけるような社会人になりたいものです。

でもやっぱり、目先のこと考えてビビッてしまうんだよなぁ

Posted by: よーへー | October 06, 2004 12:08 PM

要するに、巡り巡って何が自分に返ってくるかってとこまで考えて、優先順位をハッキリ認識して、重み付けを的確だと思える方法で行えるかどうか、だと思いますけどね。そうすりゃ、将来的も目先的も関係無いんじゃないかな。

Posted by: かっき | October 06, 2004 02:09 PM

何を優先させ、何を切り捨てていくか、
世の中のいろんな要因を判断していく上で
自分はまだまだ見識が無さ過ぎると痛感します。

複雑に絡み合う要因を
確信を持って取捨選択できてる人って
いるんでしょうか?

不条理なものが是とされる状況も
合理的なものが否定される事態も

多分俺が目の当たりにしてないだけで
沢山あるんだろうなって思うから

適切な判断をしていくのが難しい。

競争社会では、極論すれば
「手段」ではなく「結果」が全てなのかもしれませんが
その中で汚れた部分を沢山目にしながらも
尚、理想を持って頑張っていける人って
やっぱり尊敬してしまいますよね。

Posted by: よーへー | October 06, 2004 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちょっと追加:

« 理想の社会 | Main | 不満足 »