« ヒトがこの世に動く理由 | Main | 二人でいるってこと »

November 03, 2004

理想を鍛え叶える方法

”理想”は、手が届かず夢に見て終わらすモンじゃない。
いずれしっかりこの手に掴むために心のどこかに常に構えておくモノだ。

主観的な暗黙知(感覚)を表出化し、他者との共同化を通じて客観的な形式知に変換し、
それを表の世界の要素と結合させてまた本人に戻す(内面化させる)プロセスだって提唱されてんだ。
(野中郁次郎「知識創造企業」参照)

自分のどこかに確かに存在する、感覚そのものである”理想”は、決して閉まっておくモンじゃない。
恥ずかしがらずに素直に晒して、鍛え上げるものですらあると思う。

人間は、矛盾し得る、二元論(デュアリズム)ではない二面性(バイラテラル)をその性質として抱える”知”を生み出し現実世界に活用しうる、非合理的な存在だ。
矛盾の中にこそ、知を創造できる可能性があると、花村邦昭は言う。

俺らは、自身の感情感覚でもって、矛盾を許容しうるんだ。
キレイ事の中になんか、救いの手は存在しない。
素直に、かつ多元的に、物事を見つめ受け入れることによって、
矛盾すら新たな価値観として吸収し”理想”の糧にできる。

それが一つのオリジナルなステップアップ。

矛盾だってヒトそれぞれ。
誰かに無理に理解してもらう必要なんてない。

ただ、自分のために、自分にとっての矛盾は目をそらしちゃいけない。
理想は、きっと矛盾の先にある。
複雑さに負けない、天衣無縫とも言える姿をその奥に隠しながら。

  

|

« ヒトがこの世に動く理由 | Main | 二人でいるってこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 理想を鍛え叶える方法:

« ヒトがこの世に動く理由 | Main | 二人でいるってこと »