« 夢の共有 | Main | 欲求不満 »

November 12, 2004

ヒトが次に求めるモノ

「この仕事のやりがいは何と言ってもお客さんから『ありがとう』って言われること」

社会人の方に、その仕事をしていていつ嬉しいと感じるか聞くと、よくこんな答えが返ってくる。

いいなぁ。すごく。

思い返すと小さい頃からそうだった気がする。
褒められると嬉しいから頑張る。
叱られる、怒られるのがイヤだから期日までに仕上げる。

もちろん、そんなこと屁とも思わない感じないヒトもいるだろけど、
逆にそうであるヒトも世の中に多いと信じたい。

精神的充足。

もちろんそれは、物的豊かさを獲得した日本だからこそ。

中国人に日本人は勝てない、と言う人がいる。
日々の生活も満足に送れない人が多い彼らはハングリー精神が強いから、仕事や勉学に対する熱意が違う。従って伸びる実力が違う。このままだと日本は、安穏とした日本人は負けてしまう。と。

けど、違うと思う。

多分今は移行期。

もちろん昔の日本人はハングリーだったんだろう。
だからこそ、経済的豊かさを目指してエコノミックアニマルと言われながらも工業化を推し進め経済発展を成し遂げてきた。結果、経済大国なんて大国勘違いもいいとこの言葉まで出てくる始末。

次に求めるべきは、精神的豊かさ。

その兆候は随所に見られる。
サービス業が増えているのがまずその証拠。
そして、以前から取り上げているように、モノや金のためでなく、理念を共有できる人と協働することにやりがいを感じる若者が増えている事例を多く見る事が出来る。

ただ、そこに関する議論がまだまだ少ないように思える。
もっと、精神的充足とはナニか、これからの世代は何を目指して活動していくのか、といった議論や研究があってもいいと思う。
そういうどちらかというと生物学的抽象的で説得力のある指標や評価項目が無いから、普及していないから、社会や仕事に関する記事に対して違和感を感じ、将来の夢やヤリガイを見つけられずにいる若者が増えたりしてるんじゃなかろうか。

これから色んな種類のそれが出てくるだろうけど、
多分根幹はどれも一緒だと思う。

『ありがとう』と言われるのが嬉しいから。
方向性を共有できる人と一緒に働きたいから。

そんな、精神的なナニかを求めていけば、まだまだ日本は強くなれる。
新しい方向に向かってまだまだ豊かになれる。

モノに溢れていようが、足りないモノはいっぱいある。
だから俺は、社会で働いてみたいんだ。

  

|

« 夢の共有 | Main | 欲求不満 »

Comments

ふむふむ。
まさに同感。感じまくりやわー。
朝からバッチリ目が覚めたわー

Posted by: あきとし | November 13, 2004 09:14 AM

よおっつおひさし。
おぉ俺も金沢めっさアツイから好きや~☆

Posted by: かき | November 15, 2004 06:20 PM

まったく同感。
 今までモチベーションが生活水準の向上というか,物質的なものという一次元空間で議論されていたものが,無限次元空間に拡張されたかのごとく。でも物質的なものでは大体その限界値ってのはたかが知れてるから,いまでは飽和してしまってるけど,価値観が多様だとそれだけ自由度を大きく方向をとることが出来るしモチベーションのベクトルの絶対値を大きくしやすい状況であるとポジティブにとらえたい。
 これからはみんなで頑張って一つの目標に向かってってスローガンを打ち出す時代じゃなくって,各個人が自ら考え,自らの仕事に対する方向性を創出していくことを真剣に考えなきゃいけない時代に移行しつつあるから迷い悩む人も多いんだろうね。自由というのは聴こえはいいけど,自ら考えることが出来ない人間にとっては拘束されるより不自由だろう。その問題を考える教育とか研究とかって非常に抽象的だし具体化できないかもしれないけど,面白いだろうね。

駄文で長くてスマンm(__)m

Posted by: そごう | November 17, 2004 12:07 AM

深いコメントさんきゅ~☆そごういいねぇ^^
確かに自分で考えることはしんどいかもしらんけど、自由度の大きい価値空間に生きれることは幸せだとも思う。方向を決めるのも各自の責任なんだしね。
単一の方向がもはや勢力を持たない社会になったのは、物的充足追求時代の名残で、あらゆる方向からあらゆる類の利益を生み出そうとしたからだと思う。その分だけ経済構造が複雑化して、価値の種類、仕事の種類が増えた。だからその基盤に乗ってるうちは移行期が続くだろし、もうしばらくは今のまんまかなぁ。うんでもそんな研究って面白いと思う☆

Posted by: かき | November 17, 2004 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒトが次に求めるモノ:

« 夢の共有 | Main | 欲求不満 »