« 曖昧な世界・・・ | Main | この世界で”生きる”こと »

December 03, 2004

時間経過なんて非線形

While Experienceing reality directly, time seems to disapper.
When there is no time, there is no fuzziness. The feeling of time always implies incompleteness.
[Vladimir Dimitrov]

ここでのdirectlyてのは、既存の事象に思いを巡らし評価判断する間も無く、という意味でのdirectly。
筆者は、「現在の瞬間を経験すること」と「既に過ぎ去った事に意識を向けること」は同時には起こりえないと言っている。
だから危険な情報を直接感じても認識判断するのに意識を切り替える必要があるから即時反応が難しいんだと。
そこには時間概念なんて成立しない。その瞬間瞬間に生きてるんだから。経時的な軸なんて存在しないんだ。

そういった直接経験が在り得るのは、危険信号感知時だけではない、とも彼は言う。
すごく好きな人と深いやり取りをしてる時もそうだってさ。

まあそんなもんか。
冷静な恋愛なんて在り得ない。
その状況を冷静に判断してるようじゃあ、その瞬間の状況には目を向けてないってこと。
その瞬間を体全体で感じようとしたら評価判断なんて成り立たないんだろね。

何言いたかったか良く分からんけど、上記文読んでちょっと思った。
別に何があったワケでもないけれど。

  

|

« 曖昧な世界・・・ | Main | この世界で”生きる”こと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時間経過なんて非線形:

« 曖昧な世界・・・ | Main | この世界で”生きる”こと »