« クリスマスイブ | Main | カウントダウン→そして新年へ »

December 31, 2004

自分が立つこの地と存在する空間

NYC02NYC01
あんまりにも寂しい24日だったからってワケじゃあないけど。
去年のクリスマスを思い出していた。

カナダに交換留学中で、学校の冬休みの12月に3週間ずっとNYCにいた。
別にずっといる必要もなかったんだけど、最初と真ん中と最後に会う約束があったから、いったん帰ってまた来るものダルイしユースを転々としながら結局ずっとNYCで過ごした。

観光で時間を遣いきりたくはなかった。せっかくの冬休みだったけど。

友達らは、ヨーロッパ回ってサッカー観戦ツアーしたり、ワシントンで建築物眺めてきたりしてたけど。んでクリスマスにNYCで俺ら皆で集合してロックフェラー行って呑んで玉突いてブロードウェイでダブルヘッダーして買い物して。休暇を謳歌したわけだけど。

いや、もちろん俺だってNYCに居る間一通り観光ぐらいした。
けど、あそこって一人で観光するよーな街じゃないね。友達と遊ぶ街だ。買い物してクラブ行って酒呑んで。

あの頃の俺は、観光に時間を遣うよりも、考え事がしたかった。
いつもと違う環境にこの身を据えてみて、身体を包むその異質な空気を素直に取り込んで、味わえるちょっと違った感覚に身を委ねて、想うがままに悩んでみたかった。

だから、ひたすら一人で街中をブラブラしたり、本屋で半日ぼけーっと好きな本を選んでは読んでみたり、スターバックスで電子辞書使いながらビジネス記事をずーっと読んでみたり。

味気ないビル郡をボーっと眺めながら、
”何も無い空間”でもそこに建物があると建物が”無い”空間になるなぁとか、これを創ったのはどんなヒトなんだろうとか、それとも街がヒトにこれを創らしめたのか、とか、考えて座り込んでみたり。

自分が立っているこの場所は地球上のどこに当たるんだろうって思ったり。
それってどうやって決まるんだろうって思ったり。

悩んでたのは、将来自分がしたいコト。

結局学部の頃の就職活動では自分の路を見つける事ができなかった。
だから内定断って修士に進んで、今までしたことなかったコトを経験したり、考えたり。

留学の経験を機にひたすら今まで自分のしたことを考え直してみた。

グラフ理論の授業での現実ケースのモデル化や組織論の授業での組織論的現実ケースの解釈のプロジェクトで自分が学部の時経験した自治体での研究を当てはめてみて。
自分がやったことのイミを別の視点から真剣に具体的に考え直してみて。プロジェクトケースを共有するために日本の風習を一からメンバーに説明したりして。思いも拠らない指摘をもらったりして。

せっかくカナダにいるってのに日本語でひたすらエントリーシート書いてみたり。
英語のエントリシートを添削してもらって全部真っ赤になった文章を一から書き直してみたり。

将来の夢を友達と喋ってみたり。おぉ世界的な企業の名前って共有できるやんとか思ったり。
ヒトを紹介してもらって将来をどうやって決めたらいいかってナヤミを聞いてもらったり。


もともと留学だってする気なんて無かったし初めは話も蹴ったんだけど。
色々インターンとかしてみたかったしもっかいちゃんと就活したかったし。
3月4月なんかに日本帰ってきたら受けられない企業もいっぱいあるし。

けど、将来決める大切な時期に半年もの時間を海外生活に使うって決めたからには、その選択をしたからこそ得られるナニか、他の選択からは得られないナニかを求めて、時間を過ごしてきた。
だからこそそんな生活をしてみたわけで。

・・・

そんなこんなで、現在の俺は遠い将来も近い将来もやりたいことがあって、進みたい路もあって、とりあえず入り口だけは決まってる。

年の終わりってことで今までを振り返ってみて感慨にふけってみても、ちょっとくらい一人でしんみりしてみたって、根拠の無い不安は払拭する事が出来る。自分を信じる事ができる。まだ見ぬ将来に希望を描くことができる。

そう思うと、アノ時悩んでみてよかったなぁって思う。

自分の思うとーりに時間を遣ってみてよかったなぁって思う。


最近就活生と会う機会がちょこちょこあったりして、どうやって働きたい企業を探すのか、なんて話をしたりするけど。
大丈夫か?不本意に周りに流されてないか?自分の意思の源泉はほんとに自分か?違っててもそれすら気付けていないことないか?

ちょっと路を逸れる事なんて怖がる必要ない。
ちょっと周りと違うことを選択し受け入れることに躊躇する必要なんて無い。

自分が自信をもって信じてやれるなら。それに責任を取っていいと自分で思えるなら。
そうすることで得られる自分にとっての一番の幸せを勝ち取りたいと思うのなら。

好きなよーにすればいい。
思うとおりに悩めばいい。

思うとおりに時間を遣えばいい。

結果は、そうしてはじめて、ついてくる。
当初の予想とは違った結果かもしれないけど。それはその過程があったからこその結果だから。受け入れるに値する価値があるはずだ。


俺にとって、今の身分での時間はあと3ヶ月。
やるべきことや課せられてることは山ほどあるけど。

さて、来年はどうやって時間をつかおうか。

  

|

« クリスマスイブ | Main | カウントダウン→そして新年へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自分が立つこの地と存在する空間:

« クリスマスイブ | Main | カウントダウン→そして新年へ »