« 行為と文化 | Main | 超越的存在としてのヒトと生き方 »

February 18, 2005

無いモノねだり

無いものねだり.

無いから,欲しくなる.それは人間の性で世の常だ.

多分,誰かを愛するってのもそうなんだと思う.

もちろん,性差から感じる愛おしさってのが根本にあるんだけど.それとは別に.
ヒトの性質というか性格というか,個性,資質,属性,性情といったところに,自分に無いものがあるからこそ,そのヒトに憧れることができるんだろう.

そう言うと友達とか親友とかの恋人じゃない対象の類に聞こえるかもしれないけど,
俺は生涯の伴侶ってのは最高の親友たるヒトであるべきだと思う.
昔知ってたおねーさんの受け売りだけど.最近その意味が分かってきた気がする.

自分に無いモノもってるヒト.
だからこそ憧れる.そのヒトの一番近くにいたいと思う.
自分に無いナニかが輝くそのヒトにとって,自分が一番であってほしい.

だから,素敵だと思えるヒトを”そのヒトそのままありのままを好きになる”ってのは無いんだろな.
それは自我が見えてないエゴイストのセリフ.

ヒトの性格はいつでも無いモノねだり.
自分に無いモノをそのヒトの中に見てるからこそ,そのヒトの特徴を自分に照らし合わせてイイって判断してるからこそ,素敵に見えるんだから.

だったら,やっぱし自分がどんな人間かがハッキリ分かってないとちゃんとした恋愛はできそうにない.

将来どんな大人になりたいか.
どんな世界に生きたいか.
どんな事象を幸せと感じるか.
子供は?家庭は?老後は?

せめて自分がどんな人間かもちっと自身で認識できるようになろう.
そしたらもっと自分に自信が持てる恋愛が出来るようになるだろうから.

  

|

« 行為と文化 | Main | 超越的存在としてのヒトと生き方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無いモノねだり:

« 行為と文化 | Main | 超越的存在としてのヒトと生き方 »