« ”音””楽”の支配する時空間 | Main | 書いてて飽きた...つまらん »

March 13, 2005

クソな店

今日久々にクソ気分悪い店に遭遇しました.

それは京都三条付近のような場所にあるラーメン屋サントおか.

店:「らっしゃいませ~」

俺:「二人」

店:「あーすいません今いっぱいなんで少々外のベンチで待っててもらえますか?」

俺:「は?」

店:「あーですから外に座るところがありますんでそちらで座って待っててもらえますか?」

俺:「はぁ!?外寒いんすけど!?」

店:「あーすいませんすぐストーブつけますんで」

俺:「あぁもーいいっすわ.(ガラガラ-外出る)」

・・・

なんや”外で待て”て!!??
このクソ寒い冬空に外でラーメン食べるの待てってか!?
てかなんで店内に待つ場所ないねん!?

このサービス過当競争時代によくこんなクソな営業形態でやってける店が存在するなぁ.
信じられん.

今や待合スペースの充実は営業店舗が提供すべきサービスの質を図る一つの指標だ.

とある回転寿司なんか待合スペースにかなりの広さを割いている.オシャレな雰囲気でゆったりできるのがその店のサービスの一つだからいっつも混んでるんだけど,店に入りきらないお客まで大事にしようとする心掛けが良く見えててすごく居心地がいい.

ファミレスとかレストランなんかはメニューを持ってきてくれて待ってる間に品を選んで注文しておくこともできる.
待ってる客にお茶を出すところもある.

ラブホの待合室なんか個室でテレビもあって飲み物も自由でいつまでも落ち着いて待ってられる.

そんな世の中において,この冬のクソ寒い日に,寒いからこそラーメン食べに行くのに,”外で待て”だぁ!?
客をバカにすんのもえーかげんにせぇよ.
こんなクソな店久々に見た.

あんまし腹が立つから店出てそのすぐ後に三条河原町上ルの赤鬼ラーメン行ったんだけど.
ここは店員がすごくイイ.
バイトなのに明るくて礼儀正しくて客に自然に気を遣える人達だった.
食事しててすごく落ち着く.


『食』ってすごく大事.
生活の豊かさを決める一つの大きな要素で,俺らは色んな形態の『食』を贅沢に楽しむことができる.

モノ社会は終焉を迎えつつあって経験マーケティングなんて言葉が世に出て久しいけど,
ヒトはモノを手に入れるよりも豊かな生活をするために消費を行うようになってきてる.

そんな中で『食』の楽しみ・道楽ってのはこれからも大きなビジネス市場でありえるんだろう.
一説によると飲食店ってのは年に8万件新規出店があって8万件潰れていくらしい.
それくらいヒトが夢を見て進出する業界であって,豊かさとか文化とか様々な意志を具現化しようと皆が頑張っている場所だ.

最も大事なのは,顧客に自分らの最高のパフォーマンスを提供しようとする意識だと思う.
自分たちが最高だと信じる『食』の一形態に自信を持って,それを楽しんでもらおうとする姿勢が何よりも重要なんだと思う.
世界に生きる人間の生活の豊かさの一端を担ってるって自覚をもって望むべき商売なんだと思う.


それがナニ?
このクソ寒い冬の一日に客を外で待たせる店?
潰れちまえ!

  

|

« ”音””楽”の支配する時空間 | Main | 書いてて飽きた...つまらん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クソな店:

« ”音””楽”の支配する時空間 | Main | 書いてて飽きた...つまらん »