« 顧客に媚びる時代は終わった | Main | 想いを掛けて生きるヒト »

April 26, 2005

Globalization

商社ビジネスのキーワードに”Globalization”があるわけで.

各種インフラが整備されるにつれ海外のビジネスチャンスに関わることが容易になり徐々に収益を拡大してこれた総合商社.
これからは日本のみならず第三国間取引の拡充が重点課題となる.

散々言われていることではあるが,
海外でチャンスを見出すためにはケチな根性を捨て現地地域に腰を下ろしそこに”住む人達”の本当の幸せを理解していかなければならない.
現場の理論の前には,洗練されたビジネスツールや分析方法などクソの役にも立たない.
『ヒトとしての互いの付き合い』こそがビジネスの核と成り得る.

商社に属する者として当然これから海外駐在を経験することになるわけで.
異文化に属する者同士が共に仕事をし成果を上げるためには人財をどのように扱うかがポイントとなる.
そのための研修がちょびっとだけ行われた.

ケースとしては,駐在先の現地法人で,仕事はできるしやる気もあるけど協調性のない職員がいる,と.
さてどーする?


俺の意見として論点は2つ.

・組織としてまとまることの強さの追求
・利益至上主義

日本式組織の強さは言わずもがなだ.
規則や慣習で組織構成員の向く方向をある幅に押し留めることで同じ方向を向かせシナジーを発生させる.
個人では生じ得ない相乗効果こそが諸外国も恐れる日本式組織の強さの源泉だ.

特に”日本式”にこだわらずとも,コミュニティ論に沿って社会学を参照しながら”社会”形成の起源を辿れば,ヒトが何故共同的目的の下に社会を形成してきたのかは明白だ.
無論多少の柔軟性は求められるものの,”組織の強さ”は協調性にあるハズだ.

そしてそれが”強さ”ならば,協調性こそが利益を生むと考えられる.
個人をある程度束縛することになろうとも,チームを組織して生み出す成果が大きなモノと成り得るのならば,私的企業の目的が収益の獲得であるならば,チームワークは利益重視の方向性に最大限寄与し得ると言える.

だから回答としては,「彼に組織属意識を持ってもらって,チームとして機能することこそが利益なんだと分かってもらうよう取り計らうことが必要」というものになる.


ところがそこで丁重に頂いた批判が,
「外国においてまで”日本式”を無理に適用することが本当に適切なのか?それでGlobalizationと言えるのか?外国のやり方と日本のやり方を融合させることこそ必要なのではないか?」
といったもの.

まぁなんて優等生的で平均的な回答なんでしょ.

いやまぁそんなこた分かってんだよ.

3年間大学と大学院で取り組んだ理系の視点からの社会学的フィールドワーク研究で都会から隔絶された中山間地域やベッドタウンに関わり,外の理論が現場において通用しないこと,現場の理論を分かるために少なくとも数ヶ月の時間を共有しながら働く事が必要になること,その上でその人達に最適なものを現場の視点から見出す必要がある事を学んできた.

この手の事例はHBRなんかを見りゃいくらでも載ってるわけで,理論的にも全く知らないわけじゃない.
『地域に入り込むことの重要さ』
これが研究室に所属してる間に教授から教わった最も大切な俺の価値観だ.


だからこそ,あえて”組織することの強さ”に偏った意見を出させてもらったんだ.

そもそも,”融合”とか”統合”,”総合的”なんて言葉は,漠然とした概念をその言語に代表させて実態を曖昧にしつつもヒトの感覚を誤魔化すのには十分な表現を含んだ不明瞭この上ない言葉だ.

”総合的に解決”,”解決策の融合”なんてものほど可能性を多分に含む解決策は無い.
そんなことを言うだけじゃナンの解決にもならないから,指針と成り得る一つの方向性を示させてもらったにすぎない.


無論実際にはバランスの問題になるだろう.

現地法人とは言えども,日本人が多く日本的組織の方がより利益を生む方向で機能できるならば,文化を異にする外国人にはある程度日本組織の方法に従ってもらう必要がある.
逆に日本人が非常に少なく現地採用による現地職員が大半を占める組織であれば,現地のやり方を尊重せざるを得ないだろう.

だがしかし,もともとは日本に基盤を置く組織であるならば,海外へは自分たちのビジネスチャンスを掴みに進出している訳だから,自分たちのやり方にある程度こだわっても構わない気がする.

外国の文化を自分たちには変えられない所与条件として処理してしまうのではなく,
自分たちが本来持つ”強み”を信じて,その方法を輸出し国外で適用できる可能性を追求したっていいと思う.
自分たちのやりかたを解ってもらって広めようという方向で動いたって構わないと思う.

同じ日本の中だって,こうも意見が分かれるんだ.
外国文化の中だって色々だろうし,ハナからこちらが全面的に譲歩する姿勢で臨む必要は全く無い.

”外国”ということで最初から臆する必要なんてない.
最初から可能性を捨ててかかる必要なんてどこにもない.

自分たちの強みに自信が持てるなら,それで挑戦してみたいと思えるのなら,
まずはそれを試してみたっていいじゃないかと思う.

ダメなら譲歩も必要だろう.
”ヒトとしての互いの付き合い”なんてのは一方向じゃ成り立たないんだから.

ただ俺が言いたかったのは,「日本人として身に付けて来た組織マネジメント方法に誇りを持ちたい」ということ.

外国に出ればこそ,そう思う.
俺は日本人なんだ.その生き方や姿勢に誇りを感じれる時だってある.

むろん協調性は大事だ.
けど,自分たちに強さがあるならばそれをもって世界で戦っていきたい.

  

|

« 顧客に媚びる時代は終わった | Main | 想いを掛けて生きるヒト »

Comments

かきPお怒りやなー
その理論をぜひその人に披露してほしかった

Posted by: 某同期 | April 26, 2005 09:47 PM

いやいや別に怒ってまへんがな.

ちなみに2週間前の東洋経済には,日本式マネジメントをもってインドへ挑戦する企業の話がありました.

一見正しそうな平均的意見だけが現実世界の回答じゃないよね.

Posted by: かき | April 26, 2005 10:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Globalization:

« 顧客に媚びる時代は終わった | Main | 想いを掛けて生きるヒト »