« 無題 | Main | 保守性と生活 »

April 10, 2005

やりたい事とやれる事

デキル奴ってのは現実世界の境界条件を所与として自分に出来ることを見つめるんだろうか.
ヘタに物事を知ってるからそれを大前提としてモノを考えるんだろうか.
当たり前のように出来ることと出来ないことを分けてるんだろうか.

俺の主張ってのは,現実の厳しさを受け入れないタダの絵空事に映るんだろうか.

俺はそれが我慢できない.
”今”の境界条件を無条件に受け入れて”今”の立ち位置に勝手に見切りをつけてるやつらの考え方が.

もっと,夢を現実化する夢を見たっていいと想う.

ヤツラは言う.
「だってそれは無理だから」
「現実的にそれはできないから」

俺はこういうセリフが一番キライだ.

どーして大して知りもしない世界に,自分が未だ体感したことの無い世界に,ヒトから聞いた話だけを元に,自分の夢に見切りを付けられるんだろう.

さらにヤツラは言う.
「もちろんそれが理想だけど」
「将来は他所で自分のやりたいことをやる」

もちろんそれでも構わないけど.
どうして今の立ち位置からできることを考えないんだろう.
どうして出来ないことを出来るように変えることを可能性として考慮しないんだろう.

そんな奴らに現実を変えていける力と熱意があるとは思えない.
いくら俺の主張が子供じみて現実味が無いとしても.

想うだけならタダだ.

しかも想うことで自分は内なる力を生み出す事ができる.

諦めた世界で生きることは,なんてつまらなく色がない人生なんだろう.

いつだって,どこだって,夢を現実化する夢を見ることはできる.

現実を見てないわけじゃない.ヤツラの主張だって理解はできる.

けど,俺はやらないうちから諦めることだけは絶対にしたくない.
現実に,変えてやる.

それこそが,生きていくことの豊かさだと想うから.

  

|

« 無題 | Main | 保守性と生活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やりたい事とやれる事:

« 無題 | Main | 保守性と生活 »