« 他人を理解する | Main | 存在 »

May 07, 2005

株主価値ってそんな大事??

「企業の至上命題は株主価値の最大化」

これってホントに当たり前なのか?
ずっと引っかかってた.なんで株主に還元せにゃならんのだ?

研修でもそう習うんだよね.
「会社の所有者は株主である.経営者は株主に雇われた経営代行人に過ぎない.経営の目的は株主に儲けさすことだ.」
って.

違和感を感じる原因ってのは,株主に選ばれようと短期利益を達成しようとする企業ばっかりだったら,地球は滅ぶと思うから.

環境問題とか,社会貢献とか,文化貢献とか,フィランソロピーからメセナ,CSRまで,これらの企業の存在価値が建前とか形式上のものでないならば,株主に還元するよりも社会貢献を標榜する企業が投資家に選ばれたっていいハズだ.

そのような選択をしなければ,環境悪化や文化崩壊で地上が劣悪環境に陥るならば.

実際,生態系の崩壊とか実害は無いように見える環境系の破壊は恐ろしいスピードで進行しつつある.

ところが,二言目には株主価値を高められなければ企業は存続できないと言う.

ナンだこれ???

仮想企業の設定で行ったチーム対抗ケーススタディでも,経営理念としてStock Holder重視を掲げるグループの多いこと多いこと.

講師陣もそれがさも当然かのように流してる.

おかしくね???

俺らのグループは,尊敬さえできる或る同期の意向もあってStock HolderはMission Statementの3大要項には含めなかった.
俺らの理念は,『Customerに最大限貢献し,その方向性はEnvironmentに資するものであり,結果としてEmployeeも重視する,良循環を達成すること』というもの.

いーじゃん,これ.大いに賛成できる.

実際,先の記事にも書いたようにローソンの新しい方向性もこんな感じだ.
顧客至上主義を見直し,環境への配慮を優先することが,産業育成にも繋がっていくと.

企業が属する社会の利益こそが自社の利益に繋がると考える企業がいかに少ないか・・・

・・・

と思ってたら,”週刊エコノミスト”で早稲田大学法学部教授の上村氏が,
「日本は過度に営利志向の株式会社観を当然視」という旨の記事を書いているのを見つけた.

「企業統治システムは,まだ株主でもない投資家を対象にする段階で備わっていなければならない.投資家がその企業を評価してその株式を買った時,初めて『株主』が出現する.つまり,株主は最後に登場するのだ.株主が大事にされるのは,会社を評価してくれた者の期待に応えようとの経営の姿勢を示すものである.株主価値の最大化は,それが国民の最大幸福に貢献するとの経済学的な仮説に基づく標語であり,法規範概念はこうした概念一色に解消されるべきではない.」

「会社にはそれぞれに目的,使命,経営理念があり,公的規制の対象となる企業もあれば,ファンドのように運用益のみをひたする追求するものもあれば,自主的に公益への貢献を標榜する会社もある.そうした多様な経営目的を承認しつつ,それを証券市場が評価するのである.およそ200万を越えるすべての会社の経営目的は株主価値の最大化,ということは決してない.」

ここで上村氏は,証券市場と株式会社制度に関して,
「証券市場の存在を前提とする公開株式会社にあって株主とは,証券市場のルールに則って当該企業に登場した投資家である.株式会社法がその論理を貫く前提は,登場した株主が健全な資本市場の論理に則って出現したものである.」
と述べている.

そう,”株主ありき”ではなく,”健全な証券市場ありき”であり,企業は証券市場において選ばれるべきなんだ.

おかしいのは,短期利益重視の投資家に媚びる企業が多いこと.

それが地球(翻って社会,コミュニティ)の利益を害する方向であろうと,投資家の方向性が誤っていることまで言及し”正しき”方向性を堅持しようとする企業がない.

地球環境,社会環境,社会構造の問題ってそんな他人事じゃねーぞ.
どこ吹く風って思ってんの?

投資家はいつまで短期利益の追求一本姿勢なんだろ?
人間の性格が本来そんなもんだとするならば,今の資本市場の在り方自体が俺ら人間にそぐわないことになる.

こーゆー時こそ,世間を動かしうる大企業からこぞって方向性を転換していくべきじゃねーの?

”皆のモノ”であるハズの地球に垂れ流す害に関してはまだまだ責任の所在が不明確だ.

「失敗をしないために踏み出さない」ことがキチンと批判され非難されないような社会では,いつまで経っても何も変わりゃしない.

大丈夫かなこの現代社会・・・?

  

|

« 他人を理解する | Main | 存在 »

Comments

そういう営利目的追求を是正するためにNPOがあるのでは?

未上場ならまだしも株式公開して上場している以上、また、その組織で働く以上、自分たちは株主価値を重んじるべきだと思う。

ほんで、株主価値を重視することと、環境などに配備することは必ずしも相反する関係ではないのでは?(多少はトレードオフ)

一番理想なのは両方重視だけど。
そのために営利活動の傍らボランティアや植林などをしているのでは?

Posted by: 同期X | May 07, 2005 09:34 AM

営利目的追求を”是正”するためのNPO・・・??

NPOやNGOの話はキリがないからここではやめよっか.「NPOができること」ではなく,「公開株式会社としてできることの限界」を考えたい.

んで,『未上場ならまだしも株式公開して上場している以上、また、その組織で働く以上、自分たちは株主価値を重んじるべきだと思う。』
←これの必然的な”理由”が分からん.文中引用(上村氏)への反駁をお願いします.「証券市場で選ばれる」ことが論点なので.

トレードオフの関係だけども,現在行われているボランティアや植林が果たしてどんなモノなんだろか.まだまだ売名行為の域を出ない程度の規模にしか見えない.

無論株式会社はボランティア組織ではないから収益を稼ぎ出さねば死んでしまう.
でも稼いだ収益の全てを設備投資や配当に回すんじゃなくて,未処分利益の一部を環境投資や社会貢献に投入できないものだろうか.
そのような,生きる環境への貢献は地上に生きる全てのものたちへの便益の提供であり,その点を投資家が自分たちが受ける利益として評価してくれないもんかなぁ.

勿論私的企業の利益にもなり社会貢献にもなる”戦略的フィランソロピー”(以前書いた記事参照)も在り得るが,これを実践するには非常に非常に時間がかかる.
ここから利益を回収しようとすると数十年単位のビジネスになるから,成果が出るのを今の投資家は待っちゃくれない.
だから短期利益の事業が優先されなかなか環境投資(自然への投資から生活への投資まで)が進まない.

こんな状況を危惧してみてるのです.

Posted by: かき | May 07, 2005 12:12 PM

従業員は株主価値を追及する。
それでいいと思う。
なぜなら本来は、「株主が」社会的責任を
意識するべきなんだろうから。

Posted by: ふるしょ。 | May 07, 2005 12:25 PM

是正する‘ため’のNPOではなくて、
‘結果的に’多少は是正しているのでは?
営利活動が第一では補いきれない部分を補っているという意味でね。

じゃあその証券市場で会社はどう評価されるのでしょう?
やはり利益つまり営利活動の結果なのでは?
営利活動が100%株主のためとはいいませんが。

ボランティアや植林がたとえ売名行為であれ、結果的に母と子を幸せにしたり、森が育ったのであればいいんじゃない?
少なくとも参加している社員レベルは売名行為のためにやっているなんて考えていないでしょうし。
規模にしてもそんなに少なくはないと思います(データはないが)

Posted by: X | May 08, 2005 08:16 AM

>ふるしょ

うん,そのとおり.ただ現況で投資家が社会貢献に関して期待される投資活動を行っていないとしたら,公開株式会社から先陣を切って行動に移し,それが証券市場から評価されないものかな,って思う.

>X

貴方の論点が良く分からん..
喜んでいる人がいるから評価できるというのは,公開株式会社の社会的責任としてどの程度説得性・妥当性があるんだろう.
ここでの論点は,社員個人の満足度ではなく,公開株式会社が社会に対して果たす貢献活動が証券市場を通じて正当に評価され営利活動の持続が保たれるべきだ,という点です.

Posted by: かき | May 08, 2005 03:44 PM

かっきぃ、おひさしぶり。ヨンジュンです。

株主利益の追求と、自然環境の破壊行動とがリンクしているカッキィの考えが理解できないよ。

環境が悪くなってるのは、株主価値の最大化である。と言っているようで。。

>株主に選ばれようと短期利益を達成しようとする企業ばっかりだったら,地球は滅ぶと思うから.
これはぶっとびすぎやね。苦笑。
風が吹けば桶屋が儲かるんだぁ。苦笑。

これだと、全ての企業が短期的利益に目をつぶって、この上なく地球に優しいことをやりまくったら地球は滅ばない。って叫んでいるのと同じように聞こえる。

>おかしいのは,短期利益重視の投資家に媚びる企業が多いこと.

善悪なんぞはそもそもなくて、あるのは我々が善と悪を分けることですよ。って前提に立つと、ルールを守って行う経済合理性の下で下される判断に文句はつけれないと思うんだけど。

企業活動をする上でゴーイングコンサーンを担保できなければ、社会貢献や自然環境云々の行動を取る経済主体が成立しないわけで、株主利益をプライオリティーにおけない企業は、上場企業であれば継続できないでよ。

株主価値が企業経営を継続する上で、ハンドリングしないといけない骨折ポイントである以上、大いに大事。かなり大事。

ここ10年そこらで、コントロールしないといけない変数に社会的責任となものが増えただけとしか思えない。

地球がつぶれちゃ嫌だぁーって話は、また別個の話。

むしろ大事なのは、
かっきぃの健全な精神から問われている「大丈夫なのか?この社会」ってのに、まずは個人として貴方はどんなアクションが取れるのか?もしくは、取っているのか?

こっちの方が興味あるねぇ。
企業にがるぁーと怒る前に。


Posted by: ヨンジュン | May 08, 2005 06:15 PM

??
社員個人の満足度は論点ではありません。

あと、証券市場で社会的責任を評価するというのはいかがなものでしょう。

まああって話し合ったほうがはやいかもねw

Posted by: X | May 08, 2005 08:27 PM

>よんじゅん

おおっつ,お久し~☆☆
遅ればせながら俺もサラリーマンですわ^^

はは,確かに南米でクシャミしたら中国で津波が起こる(そんなんあったっけ・・?)的かもね☆
まぁ確かに軽い議論も多くて最近のブームみたいになってるけど,でも環境問題とか社会貢献なんてのは一発逆転の瞬間解決が出来ない問題だから.どんなに些細に見えても取り組んでいかなきゃならん課題だと思うけどなぁ.

無論,株主価値追求が悪いって言ってるんじゃなくて.
利益を優先するばかりに取れたハズの行動が後回しになったりしてないかってトコロが気になるね.

こんなこと言い出してるのは健全な精神とかそんなんじゃなくて,以前先輩と話した時に
「こんなことやりたい」って言ったら「利益が明確でない以上ウチではやらせてもらえない」って言われたからなんよね.

まだ部署配属もなってないからどんな仕事するかも分からんけど,現時点で思い描いてるのは”PFI事業における地域福祉と防災の充実”です.
儲かりさえすればハコモノ造ってあとは知らんてのがあまりに寂しすぎる.事業によって発生する一連の流れを全てカバーできる形で地域の生活を支え,共に生きる企業像ってのを目指してみたいなぁ.

そのために?
うーん勉強中☆
遠い未来の利益だろうが,なんとかしてそれを示せる方法を考えていきたい.

>X

ってアンタだれや~??

Posted by: かき | May 08, 2005 11:07 PM

なるほどー。レスの内容の方がわかりやすくて、共感もできた。

まぁ、今でも、利益を優先するからこそ、経済は回ると思ってるし、「利益が明確じゃないからうちではやらせてもらえない」発言は、その企業の投資クライテリアの問題であって、利益優先がどうとかではにゃいと思いまする。

もうひとつは、私がやりたいコト!ってのもいいけど、まずは「すべきコト」。それを粛々とやりこなす事が近道、近道、近い道ー。

そいと、正確にはヨンジュンはサラリーマンじゃないよん。プロフェッショナルコントラクトって会社と雇用契約を結んでいるただの個人っす。社員ではありまへん。

Posted by: ヨンジュン | May 09, 2005 02:51 AM

え,そーだったんか・・<notサラリーマン
シツレイ!!

そう,ウチの会社の投資クライテリアが気に入らないの.
俺の中で勝手に想ってることとして,「生き残れる企業ってのは,社会に生きる人から選ばれる企業であり,それは地域と共に生きて成長していける企業を除いて在り得ない」ってのがあります.根拠無いけど.地域研究に携わった者の直感.
だから,地域の生活基盤を支える様な仕事がしたくて,もし長期でしか利益が回収できなくても,会社を説得してやってやりたいって思う.

短期の利益が確実視されなきゃやらないって,,,リスク取れよ!

そのために,そう,”すべきコト”.

まず必要なのは説得力.
金融工学と地域経済学を勉強しなければなりませぬ.
無論現場で仕事するコトの他にね.

がんばります☆

Posted by: かき | May 10, 2005 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 株主価値ってそんな大事??:

» CSR調査の話 [こちら某中堅企業企画室]
今週の『経営財務』に、「CSR(企業の社会的責任)の企業動向の検討」と題し、関西大学教授の大倉雄次郎氏が実施したアンケート調査を基にした記事が出ていました。 大倉氏は会計士でもあり、著作も多数あります。私も読ませていただきました。例によって途中までですが(笑)。 それはさておき、JR西日本の事故の件もあり、またライブドアの件もあり、タイムリーな記事だと思いましたので、ご紹介したいと思います。 ただそのま�... [Read More]

Tracked on May 10, 2005 12:42 AM

» ローソン [企業専門館『ローソン』]
ローソン・寺内町2丁目店)・NSGスクエア店)ローソン(LAWSON)は、日本のコンビニエンスストアである。元々のミルクショップローソンはアメリカ合衆国|アメリカ・オハイオ州のローソン氏が1939年に同州に開店したショップである。ローソンの看板のミルク缶のマークはそこから由来している。牛乳のおいしさ...... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 08:06 PM

» CSRとビジネス数字:「株主価値」の意味って? [今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜]
いま僕は企業の経営理念をまとめ社会にいかに働きかけ、かつ効率的にコミュニケーションするかをCSR(←企業の社会的責任、なんて訳されますね)という枠組みで整理する、というプロジ [Read More]

Tracked on December 15, 2005 01:22 AM

« 他人を理解する | Main | 存在 »