« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 27, 2005

戻れるとしたら・・・

  戻れるとしたら過去の何時を選ぶか

  何時が一番充実してて楽しかったか

そんな話をしながら部の呑み会でマネージャーが言った事.

「20年後にこーやって酒呑みながら自慢して語れるような経験をどれだけしていけるか.それが楽しみだと思うんだよね.」

震えた.

保守的に生きてる自分が面白みの欠片も無い馬鹿に思えた.

そう,今日明日の平静を望んで後に何が残る??
そんな風に生きてて,子供に胸張って何が言える?

勿論生活はギャンブルじゃない.
ただ馬鹿やれって言ってんじゃない.

素直で,貫ける,馬鹿になりたい.

最低限のリスクを抑えておくなんてのは言うまでもなく当然で,
自分が痛む事を代わりに差し出して,
出来る限りの最大限を実現してみたい.

”自分で出来たことが信じられない”
そんな事をやってみたい.

「20年前に戻るのと,今1億円貰えるのと,どっち選びます?」

そんな質問にマネージャーは後者を選んだ.

今まで積み上げてきたものの上に立つあの人は,
これからもいかに築き上げていくかを考えているんだろうか.

ただ今までで一番充実してたのは,30代後半くらいだと言ってた.
仕事も,遊びも,寝ずに楽しんで,毎日が忙しくて,一番頑張れた時期だと.

お,俺まだ先あんじゃん.

これまで生きてきたそのやり方を別に悔やんじゃいない.
今の自分があるのは過去の俺のおかげだ.満足してる.

けど,
今までの俺と同じじゃとても満足出来ない世界観を目の当たりにして,
このまま進んでいける筈が無い.

生き方なんてナンボでも変えていきゃいんだよ.
その時その時の自分が最高になれるように.

20年後に胸張って語れるように.

だから俺も新しい世界で見たモノ素直に受け入れてどんどんやり方を変えていこう.
んで,なんでこんな事やってんだろって疑問に思って苦しみながらも,
当たり前でない何かを築いていけるよう頑張ろう.

生きてきて良かったって,素直に言える人生にするために.

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 12, 2005

夢考察2

「お年寄りの事を考えて研究と活動に取り組んで語ってた時が一番素敵だった貴方」
と言ってくれた人がいる.

そぉ.
時間がかかるモンなんだよ.

時間をかけて,深めて,分かってきて,ホンキで取り組むようになって初めて,
夢なんてモンが語れるんだ.

それは多分,そのSubjectを自分のモノにできた,って醸成の証なんだろな.

思い出すなぁ.
4回生の半ば,初めて研究課題を決めるときに教授にその研究を提案されて
「絶対イヤです」
って嫌がった俺.

結局学部と修士で研究にして,それが今の俺を作ってるんだから.
結局そこに夢を見出したんだから.
素敵だと,思えるようになったんだから.

自分のこれからを乗せる基盤にまで育てて夢語るくらいにまでなれたんだから.

見抜いて育ててくれた教授に感謝.
夢のキッカケを与えてくれた恩師に感謝.

がんばれ.
夢組むにはもちっと時間がかかるんだ.

  

| | Comments (30) | TrackBack (2)

September 11, 2005

夢考察

みなさま

情けない下名に情愛のコメントを有難う御座います.
まぁ確かに色々そぉなんよなぁ.

>うえっち
サンクス.そぉ,夢を見ようとしてることは大事なんだと思う.
部署配属なってたかが4ヶ月とちょい.
当該ビジネスのビの字も知らん自分に何が言えるんだと.
アタマん中で色々処理出来なくて見えない間は踏ん張るしか無いんだろなぁ.

>マリちゃん
まさしく.寮住まいでおま.
TVも飯食う机もテーブルも無い雑多な部屋で外食onlyな生活してたら確かに精神もままならんのかもしらん.
ヒトとして豊かに生きる根本から大切にしなきゃってな貴女の姿勢は素敵やわ☆
やっぱしピアノは持ってくるべきだったな...

んで,職場.
大企業の中で歯車の一端を担う位置に居ることは否めない.
商社マンって,当たり前に人生を楽しもうとしてる前向きでパワフルな人達ばっかしなのは確かなんだけど,夢語ってくれる人は未だ少ないなぁ.まぁ俺がそぉいう話を引き出せてないだけなんだけど.

確かに,夢見続けるってのはしんどいんコトなんだろな.

ある方向に進もうと思って描いてみても,考えの及ばない現実に遭遇するたんびに修正と補正を繰り返していかなきゃならない.
むしろ己の知の狭さと世界の広大な構図からすると描いた通りに進むことなんて稀なんだから,その小さな希望を抱えて未知で巨大な世界を相手に飛び掛っていかにゃならね.

けど.

けど,そうできることは間違いなく幸せなハズなんだ.

まだまだ知らん世界相手に,少しずつ知を獲得して少しでもまともに足掻けるようになって,自分の力で食らいついていけるようになれる.
それがどんなにワクワクすることか.

試してみたいと思わね??

だからせめて,どんな環境にいようと”流れ”の中にいなきゃダメなんだ.

今の俺は留まってる.

稼ぎ頭かナンか知らんが,30年来の歴史を持つ出来上がったビジネスを少しでも継続させようとする仕事だ.
無論それは容易な仕事じゃない.
制度が変わってライバルが出張って環境が変わっていく中で,築いた収益構造を保つなんて並じゃない.

ただ,それを保守的な仕事だとアタマん中で決め付けてしまった自分に,未来はない.
留まって,一箇所に放置してクサって,ナンの新しさも入れず,ただただ老化するだけ.

違う.
見る時間単位を変えなきゃいけないんだ.

デイリーな小口取引を個人で沢山取り扱う生活産業ビジネスじゃあない.
目の前の目新しさを求めてちゃあ,今の仕事に夢は見れない.

もっとスパンの長い,世の中の情勢が変わっていく様を眺められるくらいの期間でモノを捉えられるようにならなきゃ,今の仕事の醍醐味を見逃してしまう.
経済の成長動向とリンクするようなモノを扱う仕事.

そういう仕事こそが,俺が夢見た,社会活動に自身で変化を及ぼすような仕事,だろ?

扱うモノ自体に夢が見れない所為だと思ってたけど,どうやらそれだけじゃないみたいだ.
求められるのはもっともっと大きな絵を描ける,視点.


とまぁ気付いてみたところで,そんな視点と日常業務をアタマでリンクさすのは至難の業なんで.
だいたいそんな視点を手に入れるのにどんだけかかるんだよって話で.

気付いた事だけ頭の隅に置いて,ちょっとは夢見れそうな感覚だけは大事に,明日っからまた仕事しよかな.
長めの経済動向を意識しながら.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 10, 2005

夢を見る力は何処に・・

学生の時ほど夢が見れない..

どしたんだろ.
好き勝手に夢語ってた半年前の俺は何処行った?

こんなときその辺の大人はこぉゆぅんだろか.
「現実はそんなに甘くないんだよ」
「現実には出来る事と出来ない事があるんだよ」

こぉいうオジサンほど情け無ぇ存在は無いな.
何も考えてねーのかよ??

だってオカシクね?

夢って,現実の中から抽象化して創り出していくもんだろ?

無からは何も生まれやしない.
無意識だろうが必ず何処かからその根拠を取り込んでいくハズだ.
この社会に生まれ落とされた時から,俺らの意識は無の中には存在し得ないんだから.

だったら,現実に生きれば生きるほど,積み重ねて,色を重ねて,広げて,深めて,夢を叶える手段を具体化できたってヨクね?
色んなコトを知って,新しい考え方に触れて,もっと夢って広がったってヨクね?

夢を見る力ってのは,現実をしっかり生きることで培っていけるはずだ.

無論自信だって無くしてなんかない.
あの頃見た夢には,限りなく近づいていけるハズって今でも考えてる.
できる,って考えることは出来る.

けど,見れないんだ.
夢が.

別に何だっていいんだよ.
空論だって,妄想だって,絵空事だって.

けどなんか,ワクワクしない.
自分が動かす世界を想像しただけで震えるほど興奮したあの頃の気持ちが今は沸いてこない.

今いる部署が元々希望してたところと違うから?
先輩のやってる仕事を見て上限を知った気になってるから?

そんなチンケな理由でも無いよぉな..
何やるにしたって,導入部は必要だろし勉強させてもらうには最適な場所だからなぁ.

まぁおそらく答えは決まってんだけどな.
けど所詮それも狭い俺の見方の1つでしかないし.

誰か考え方教えてちょ.

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »