« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 29, 2006

A Day In The Sun

感じさせてくれる曲はタイトルからして精彩

リズムとテンポと心地よさと
響く曲はどこか違う

イィね
色が湧く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2006

また風邪ひーた

また風邪ひーた。

ぬぅ。
今度はハナ風邪。
前はノド風邪。

ナンだ?
次はハラか?アタマか?

そらオフィス中でエホエホやってりゃどっかから貰うわなぁ。
ウィルス的職場環境ワルスギ。なんか空気わりし。

医者行くのも今月2回目。

「いつから悪いんですか?」
「さっきです」
「『さっき』と。。」
「いやいや、『さっき』て書くんですか!?」
「いやだって貴方そうなんでしょ?」
「いやまぁ正確には昼過ぎからです」
「んまぁそれはいいや。ハイ口開けて~。」
「んじゃ前上げて~」
「次後ろ~」
「ハイおっけ」
「んじゃお薬出しときますね~」
「ソッコー治したいんで一杯ください」
「いや、治すのは貴方の免疫力だからねぇ。一杯飲んでもイミないよ。」
「あ、そすか。」
「とにかく、栄養取るコトと、よく休むコト。それがイチバンですね」
「すいません。両方とも無理です。」
「。。。」

とまぁプライベートは諦めろとか上に言われちゃうくらい忙しいうちは治らない事が判明しました。

コンビニ弁当で栄養もクソもねぇ。。。
ゆっくり晩飯食うヒマもねーし。

とゆわけで土日も仕事です。

2月4,5の土日は徹夜っぽいです。
締め切りは2月14日と3月14日です。

ってオイ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2006

どんな変人でもイィから

他人には見えないナニかを見通してる奴と喋ってみたい

人とは違う世界を感じてる奴と感覚をぶつけ合ってみたい

人がとても気づけないモノを好きな奴に色々教えてもらいたい

遠慮なく

いーじゃん
ハァ!?って言われたって

ナンで”普通”とか”常識的”とかを大事にするのかイミ分からん
ナニ?”ずれてる”って

平均的に押し込まれた世界に生かされて満足か?

生きようよ
好きなように

折角なんだからさ

そんな微小な”揺れ”が世界に色を与えてくんだよ
きっと

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 21, 2006

ミカンonコタツ

またミカン腐ってる。。
イッコ腐るとその周りも食えんくて困るよな~

たまには全部食いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2006

デキルようになりたい

お客さん的単なる弟子入り的な雰囲気が拭えないウチの1年目を過ごしてきたからかな。

今の今まで学生気分が抜けずに色んなコトやってみたいな~とか思いながら、
仕事もそこそこに遊び回ったり他の分野の本読んでみたり人の話聞いてみたりもして。
帰れる時は遠慮なく帰ってナンかしてたりしたんだけど。

いや、モチロンそゆのもめっさ大事やねんけど、よーやく本腰入れる大事さが分かってきやした。
いまごろ。

アレだ、ツマミ食いっていっちゃんラクで楽しいんだ。
学生ん時はよく教授に怒られたなぁ。
「オイシイところ取りばっかしてねーでもっと掘り下げろよ」って。

全体論とか概念論とか枠組みとかを知ったかぶりで話ことだきゃ誰にでもデキんだけど。

それを根底から成り立たせてる細部の中身になるとモノスゴ難しくなる。

希望しようと叶わなかろーと。
まずはソレの専門家にならなけりゃハナシにならんわ。

自分が作り直すためには、
根っこから組み立てられなきゃ。
自分で。

ってか、最近よーやく全体がアタマに描けるよーになってきたんだ。

全くもって知りも知らん世界の話の一部一部に触れながら与えられた仕事をこなしてきたんだけど、
よーやくそれらがリンクし始めた。

コレをするためにはアレが必要だと、
ソレの対策を考えるにはまずドレの傾向を気にしなきゃと、
言われる前に気を遣えるよぅになってきた。
ホンマちょっとずつやけど。
仕事の中身にしても、業務フローにしても。

そーなると楽しくなってくる。
帰って無駄に時間使うよりも、残業代なんかつけれなくたって仕事してナンか身に付けて帰ろって思う。

2年目は、デキル男目指そう(笑)

30年後に満足げに酒酌み交わせるようになるために。

・・・

さて、このモチベーションいつまで続くやら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 11, 2006

イソガシ

なんつーか忙しい。
なんでやろ。仕事遅いからかな。

新年始まってホボ毎日終電で3連休は土曜月曜と出勤で。

今日は頭痛と熱でシンドイながらも7時出勤で23時過ぎまで頑張って。
(←え、まだまだ甘いって?えーねん世間的な基準じゃ。)

それでも不思議とイヤじゃないんよね。

まず、追いつかなならん。

その為に頑張れるなら。
自分の創れる世界が遥か先にしか無くても。

この前皆と飲めて話せてかなり馬力ついた。
さんくす☆

| | Comments (18) | TrackBack (0)

January 08, 2006

音楽追加

あ、忘れてた。

”思い入れのある特別な曲”追加。

・眩暈 / 椎名林檎
リンゴのイメージ大好き

・はなびら / 池田綾子
こんな切ない音他に無い…

あ~言い出したらキリないなぁ。
んでもどうやら深くて作り込んでる感のある曲が好きなようですな。

No Music No Life

懐かしきタワレコの名句☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あぁ、バトン!ね

さっき自分のページで”トラックバック”の欄見てはぢめて気付いた。。

バトン、って、これ、もらってんねや!んで渡すもんやん!
てか去年の9月やん!!!

いや、知らんかったんやて。
「くだらん、破棄」とか「アホくさ、やっとれんわ」とか全くもってこれっぽっちも心の底チガウんです~。

ごめんよぉ → あきとし

友達のブロ具はお気に入りから直リンなのでこの欄使ったコトありませんでした。

とゆわけで、
時期ハズレもエェかげんにせぇよ
ってのは置いといて折角もらったので今更ながらに一つだけ。。。

■Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

8.59 GB

■Song playing right now (今聞いている曲)

Vertigo Delux - So beautiful

ツタヤ無きカナダ時代にAmazonから拾ってきた音楽の一つどすな。
意外と知られてないSampleの無料ダウンロード。
ジャンル別にいっぱい聞けてお得。
ちなみにAmbient。

■The last CD I bought (最後に買ったCD)

Rhapsody の ”Legendary Tales ”

ですな。メロディアスなメタル大好き♪

■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

①All of My Life / Aluna
ものっそカッコイイ

②Life's Like A Love Song / 矢井田瞳
一人で過ごしてたNY

③Letters / 宇多田ヒカル
世界で一番切ないラヴソング

④Sonata 3番3楽章 / Chopin
いつか弾く

⑤桃 / 槇原敬之
何回歌っても泣ける

↑順不同で

■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

ちょっと今更ねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尊敬する先輩へ

昨日が一つの区切り目だった。

あの先輩と働けた、とりあえずの最後の日。

事業投資先へ語学研修に行かれる先輩。
再会予定は1年3ヶ月後。

ほんとに、ホントにお世話になった。
入社後配属になってからのこの半年余り。

今の俺の仕事はこの人から引き継がせてもらったものがほとんど。
インストラクターでもないのに、細かな事までほんとに色々と教えて頂いた。

どんなに忙しくても、顔色一つ変えないで、丁寧に一つずつ質問に答えてくれた。
確認しながら、理解の遅い俺が追いつくまで、時間を頂けた。

あの人の尊敬できるところの一つが、そんな人柄。

いつも自然に平静で、感情の起伏は”正”に動くところしか見たところが無く、
周りは安心してあの人の傍に居られる。
それなのに受け答えはいつも明瞭簡潔で、あの人の口から発せられる見解を逃さず聞こうと思わせる、周りを着目させる独特なペースの話し方をする人だった。

そんな先輩から頂いた計り知れなく貴重な財産が、

『組織に生きながら成すべき事に対する心構え』

大きな組織の中で成すべき果たすべき自分の役割とその意味、
今の立ち位置から学べる事吸収できる事、
自らも学びながら従事することで得られる成果とその後の姿、
etc...

仕事を教わった時とかに「何でこんなことをやるのか」を聞くと、アツイ思いをまじえて静かに色々と話をしてくれた。
自分が学んできたもの。もっとすべきだったこと。そこから生まれるもの。等等。

成果を出している人の背中には、並々ならぬ積み重ねがあるのだという事を実感させられた。
”思い”だけじゃない。勉強と実践と、反省とリカバリー。

こういう人が認められ慕われ、やがては組織のトップになっていくのかなぁと思わされる。
そんな、先輩。

・・・

そんな先輩が行ってしまった。

惜しまれ送り出される先輩を見ながらめちゃめちゃカッコイイって感動する一方で、
自分の中に不思議と自然と生まれた新たな感覚も実感してた。

悔しさと、責任感。

あの先輩にフォローを貰えなければ、俺の話なんて周りに聞いちゃもらえない。
知識も理解も、ナンもかもが足りない今の自分が、今になってようやく本気の悔しさの対象になってきた。

そして、そんな先輩が行ってしまった後に自分で全てやってかなきゃならない今の状況。
もう専門的に細かい事を気軽に聞ける人はいない。
判断の材料を外に求めず、全て自分の中に蓄積してかなきゃならない。

無論今までも当然そんな状況だったんだけど、
おんぶにだっこな状況に漬かりきって自覚すら薄れかかってた。


一つの転機かもしれない。

これから「プライベートは諦めろ」って言われた鬼の1~3月がやって来る。
通常業務に加え、05実績見込みに予算、経営計画書作成、、、対象事業投資先は5,6社←やるのか俺が全部・・??

「かなり大変だと思うけど」
去り際に先輩に貰った一言。

やらにゃならん。
認めてもらえるまで。

「頑張ってな」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2006

成長するトキ

理不尽さやシガラミを自分の手で捻ってやろぅとする時に、新たな力を得ることが出来る。

力ってのは、モノを動かす技術だけじゃなくて、気の遣い方とか直感含めてね。

世界を見たままの判断でアレコレ批判すんのは簡単だけど。
もちっと上に居る奴らからすりゃそんな批判こそ幼稚で稚拙で聞くのもウザイ戯言にすぎん場合が大概。
だって薄っぺらいもん。

落ち着けよ。
責めるなら自分だろ??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

おめでとございます

明けましておめでとうございます。

入社してあっという間に05年が終わって。
もう2006年。

12月は思うことを言葉にして吐き出す間も無く
仕事に忘年会幹事に追われ過ぎ去ってしまい。

どうだったんだろ、
俺は社会人1年目を有効に使えたんだろか、
またとないこの年をこれ以上無いってくらい楽しめたんだろか、

とかってな反省はまだなんだけど。
まぁその辺は酒でも酌み交わしながら追々やってきましょ。→誰かご一緒して☆

・・・

今年の年明けは14年振りに訪れた杉並の街で、大宮八幡宮で迎えました。

小学生時代を過ごしてたこの街。
急に思い立って行ってみた。

俺が住んでた社宅はもう無かったけど、
覚えてた友達の家は健在で。大晦日にピン逃げする度胸はなかったけど。
通学路をなぞって歩いてみたりして。

夜中とは言え野球やってたグランドを眺めながら、ものすごい嬉しかった。
まだ、あった、その場所が。

どうしてだろ。
過去のコトなんか割とどうでもよくって色々すぐ忘れてくのに。

自分が生きてきた証をその土地の有様が代弁してくれてるって感じれるからだろか。

でも多分夜中で誰もいなかったからこそだとは思う。
見たこともない奴らがそこにいて、あの頃の俺らが居た時とはもう違うんだ、って思わなくて良かったから。

そんなこんなで初詣をして。
密かに期待してたキレイになったあのコとの運命の出会いも無く。

京都で鐘突いたあの年末からもう1年も経ったんだなぁとか思いながら。

あと3ヶ月で社会人2年目に突入する。

さて、ナンか目標立てないとな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »