« 辞めてく仲間 | Main | 夢見てたものを »

March 21, 2007

感情の欠如と気持ちの充実

「どう思う?」「何を感じる?」

人の感情を確認する事が時々有る。

その人を認識する為でも、自分との差を把握する為でも、直接としてそうではない。

単純に、その事象に対して、どう”感じる”のが正しいのか、確認する為。

自信が無いから。自分に起きている感情に。
若しくは、自分は何も感じれていないから。

感情って、どこで学ぶモンなんだろう。
成り立ちは、生まれ持ったもの+環境に拠る後天要素だとは思うけど、
受け止めて、処理する、その元の判断基準そのものである感情は、
”自然に”湧き上がってくるのが当然のモノなのか?

何が正しいと、当たり前の様に世の中に強制される倫理観と同じ様に、
ある画一的な方程式の様に、刷り込まれ学ばされているところも大きいんじゃないだろか。
親・友達や、ドラマだったり、小説だったり。
何が美しく、当然であるのかと。

その意味では、自分は感情が薄い方なのかもしれない。
学んでこなかったというつもりはないが、周囲の感じ方と違うと思う事はままある。

だから、確かめる。
自分でない誰かが感じるその様相を。

『理屈がさきにあって、その理屈で感情がある振りをする』(カンナミ ユーヒチ)
とまでは言わないが、周りを観察し、どう感じるのが”正しい”のか、伺ってる自分もいる。

別に多数派が正しいと思った事はないが、
或る程度のコミュニケーションをとり、社会で”本気で”生きていく為、
感情の矯正もある程度は必要だろう。

但し、それはゼロベースで。
当たり前に受容する気はない。どうしてか確認出来、納得できればの話。

じゃなければ、人の感情に新たな広がりなど生む期待すら出来ないから。
背景や、理由や、関連要素。気持ちの裏側に想いを巡らせ、想像で前を見る。

自分じゃない人生は生きられないから。
一生比較は出来ないけど。

生きていく為に必要だと思うから。
感情で一杯の人生を。

|

« 辞めてく仲間 | Main | 夢見てたものを »

Comments

どんな感情にも、正解はない。

私も、自分が正しいのか、確かめたくなることは多いけど、
本当は、そんなに不安になる必要はないんだよね。

でも、そうやって「正しいのかな?」って思える人は
きっと相手に優しくできる人。

だって、自分の意見を押し付けたりしないでしょ。
それって、すごく大事なことだと思います。


Posted by: kanamelody | March 22, 2007 at 04:22 AM

固執する事に価値が見出せないだけですがな

Posted by: かき | April 06, 2007 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46040/14337942

Listed below are links to weblogs that reference 感情の欠如と気持ちの充実:

« 辞めてく仲間 | Main | 夢見てたものを »