« 違う色を | Main | 辞めてく仲間 »

March 10, 2007

こんなに近くにあるそれを

初めて出会えた日の事を覚えていますか?

だからこそ始まった、その最初の日を思い出せますか?

今こうやって感じる、その全ての始まりを、あなたはまだ感じられますか?


無論、それ自体は一つのキッカケでしかなく、
それからの積み重ねや励行が一番大事。それが無ければ今は無い。

けど、
出会える事のなんて素敵な事か。

偶然だって不測だってナンだってイイ。

今の俺を、あなたは、それは、創ってくれた。

今、こんなに近く感じられる何か。
体の隅々にまで染み透り澄み渡る気持ちと感覚。


人やモノや見えない何か。
あらゆる全ての対象と出会い、これまで育ってこれた。

震える程の意識を感じ取れる、そんな自分と、
それを創ってくれた全てに、真から感謝しよう。

まだまだ素敵なモノがたくさん見られる。
そんな対象に満ちている、この広い世界で。

いっぱい色んなモノと出会っていこう。
その為にどこへでも行こう。幅なんて関係ない。

器を育て、多くを受け入れ、そしてまた出会い。

いつでも最初を想いながら。

こんなに近くにある、それを。

|

« 違う色を | Main | 辞めてく仲間 »

Comments

いつも思うんですけど、このブログ上で、「あなた」その他で表現される対象は、具体的に誰なんでしょうか?

Posted by: マイケル柳田 | March 10, 2007 at 01:11 PM

ん?別に特定の一人ってワケじゃあないよ?
そりゃ付き合いの長さや深さで色々だろうけど。

Posted by: かき | March 11, 2007 at 12:47 AM

そんな風に誰かに思われていたら、生きるってステキだなぁ。
見えないで、見つけられないでないがしろにしているものって
人生のうちにいくつあるんだろう。
今、自分の周りに当たり前のようにあるものがもしかしたら
本当にステキなものなのかもしれないのに。

Posted by: asami | March 12, 2007 at 10:08 PM

気付けて無いとしたらそれは残念ながら自分の所為。
だって気付きは自分の内側のものだから。
だからいつも目一杯感動出来るように出来るだけ真っ白に深くモノを見ようとしてる。どんな違うモノもそれとして受け入れようとしてる。
だからって俺が気付けてる方だとは思ってないけど、asamiだって羨ましいくらい色んな環境生きてきてるんだから、ちょびっと見方変えるだけで一杯見れるんじゃない?

元気してる?

Posted by: かき | March 13, 2007 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46040/14208696

Listed below are links to weblogs that reference こんなに近くにあるそれを:

« 違う色を | Main | 辞めてく仲間 »