« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 17, 2007

インド

明日からインド出張行ってきます。
1週間ほど。

メール見れません。ネット繋がりません。
1週間後にお会いしましょう。

初インド。どきどき。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 15, 2007

矛盾の受容

俺が一緒にいる相手としてこれだけはないわと思うのが、

「これだけは許せない・ありえない」
とかって嫌なほどに何かに固執するひと。

(それ矛盾やろ!とかって突っ込んだ人、ホントそうか?『考える為に考えない相手を考えから排除する』ってのは考える為の最初の手順として矛盾しないと思うが。。)

そーゆー人って、世の中に考え得る全ての可能性が自分に降りかかってきうる事を考えれてないんだろうか。
黙って目をつぶって知らん振りしてやり過ごす事に全力を掛ける意味がどこにあるんだろう。

もちろん、平然と受け容れろって事じゃなくて。
その時々で悩んで苦しんで戦ってみればいいんだけど。

基本的にあり得ない事なんてなくてそれらは起こり得るもので実際そうなった時にどう処理していくかっていう事だけだと思うんだが。

そもそも、合理的に良い悪いの判断なんて成り立たんだろ。
言葉とその他少数の記号のみに象徴される情報に基づき形成される曖昧なこの世の中に生き得る限り。

ある作家の言葉を借りれば、
より厳密に成り立つ法則性や関係性など世の中には存在せず、仕組みの分からない矛盾を許す事が生きるという逆流なんだと、そう思う。

だから簡単に幅を狭めちゃいけないんだと思う。
無駄に固執しちゃいけないんだと思う。

純粋にこれがよいと、
単純にそう思えるくらい、
経験と思考を積み重ねられるまでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2007

繋がってくとこ

物語りには順序がある様に、
結末に至るには経緯が必要な様に、

積み重ねたその上でなければ決して味わえないモノが必ず有る。

それは経験でも知識でも、人間関係でも。

リンクを感じ取れた瞬間に鳥肌が立ち、
更に積み上げる快感を覚える。

最初からソレが目的と云う訳ではなく、飽くまで結果的に付随してくるものだけど、

その循環が悪く無い事を心のどこかが知っているから、
無意識にでもその方向へ向かう事となる。

それが、頑張れる人間の特権。
そしてあらゆる愚痴がくだらないと思える根拠。

やればいぃじゃんか。
積み上げてきゃいつかどこかで繋がっていく。

そうなる様に世の中狭く出来てんだから。

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選挙戦ねぇ。。。

あんま適当に言うとすっげ怒られそうだけど。

政治家ってホントにPRのプロなんか?

路上演説なんてバカバカしくて立ち止まって聞いた事なんかないが、
皆何を聞いてんだ?

説明ってしてんのか?何かしら具体的な。

「私に力を貸して下さい!」とか
「都政を変えられるのは私しかいません!」とか
「暮らしやすい世の中をつくりましょう!」とか

ナンの意味あんだ、ソレ?

つまるところ、アンタは何をすんの?

何を悪い原因だと思ってて、
それをどう変えたいと思ってて、
その為に何が必要で、
だから立候補するんだと、

どっかで聞いた風でない、何かしら独創的な説得力ある具体的論理的かつ端的な演説ってなされてんのか?

それとも俺が聞いてないだけか?
それとも聞きたいと思わせる節を全くもって聞きやすく喋れる人間がいないだけなのか?

公約とかマニフェストとか、
それが具体的にどんな世の中を作る事に繋がってくのか、
筋道立てていっこずつ原因と効果を少なくとも社会的に分析した結果を、興味を惹くような方法で述べてくれる政治家っているのか?

どっかのコメンテーターが言ってたが、今の政治活動って意気込みとか人柄のPRなのか?
肝心の中身のPRはどこいった?

そんなんでよく選べるなぁ、みんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2007

夢見てたものを

譲歩して、何かを諦めて、
手に入れる先には何も無い。

たとえそれが前向きな妥結だったとしても。

それ以前に、手に入れられるとは思えない。
前向きだった時に夢見た、その欲しかったものは。
その姿のままには、二度と。

諦める事なんか知らず、前向きに素直にぶつかっていく他に、
真っ直ぐみたその遠い姿には、近づけないんだと、そう思う。

ぶつかっていきさえすれば、衝突する事で角度が変わったとしても
追うものはそのまま追い続けられるような気がする。

ただ、目指すものが遠めに見えてるうちに、自分から方向を変えてしまうようであれば、
ずっとその目標を視界の片隅に置いたままこの先を過ごしていく事になる。

それが、未練。
そして、後悔。

かつての夢が見える気がするからこそ。
見えることが辛くなる。

そんで新たな方向すらブラブラする。

そんなんゴメン。
てかそんなんで納得させられるワケがない。
本来素直に出来てる自身の気持ちを。

自分だけじゃない。
他から見たって、カッコイイのは真っ直ぐ進めるヤツ。

んでカッコイイ奴には集まってくんだ、他からの力が。
だからこそ距離が縮まる。モノにできる範囲が広がっていく。

てかそれが一番の推進力になるんだと思う。
自分だけでない、周りの可視/不可視の協力が。

とまぁゴタク並べたけど。
結局めいっぱいやるしかないんだ。いつも。

見える中でやってくこと。
それしかできず、それが一番。

そうやってやってきたい。
感動を、大事に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »