« July 2011 | Main

October 2011

October 16, 2011

インドネシアで仕事する新鮮④

④報連相

報告・連絡・相談、なんてのは、社会人としての基本動作。
なんだけど、とにかく報告すら無い。。。

1.遅れる時

部下と1対1でミーティングの予定。「13時」と約束したのに、13:30になっても14:00になっても現れやしない。
ようやく15:00になってオフィスに戻ってきた。
「何してた?」と聞くと、「他の打合せが長引いて…」ときたもんだ。

いやいや、そうじゃないだろ。
「どうして何も連絡を入れない?相手を待たせてる訳だろ?」と問い質しても、ピンと来てない様子。
理解不能。

2.参加出来ない時

「例の件、進捗はどう?」
「余り良く無いです。○○部署からの協力が得られなくて・・・」
「どういう事?その部署のヘッドには言ってあるぞ?」
「いや、担当者が打合せに来ないんです」

いやもぅ何て言うか、どないしよ。

よくよく聞くと、他に業務が有って忙しかったから、来れなかった、との事。

ただ、もはやここに書くのもバカらしいが、
その部署の代表者はそいつなんだから、そいつが行かなければ物事進まない訳で、
自分が行けないなら代理を出すとか、打合せの日程を変えて貰うとか、するだろ、普通?
そういう事を何も連絡しない。

ただ黙って欠席するだけ。

どうなってんだ?
ヘッドに確認したら、そいつが会議に出て無い事を知らなかった。
ダメだろコレ、社会人として。

3.締め切り

「アレ、あいつは?」
「帰りました」

今日までって言ってあったのに。。。

4.締め切り(酷いver...)

「おいチョット待て、帰ろうとしてるけど、アレ終わったのか?」
「いや、未だ出来てません」
しばし絶句・・・
「どうして今日が締め切りか分かってないのか?○○で△△で、だから今日なんだよ。会社にとって凄く重要なんだよ。」
「いや、彼に頼んであるんですけど、彼が未だやってないから。。。」
「いや、お前ちゃんと自分で責任もって進めろよ。自分で調べる事だって出来るだろ?」
「ゴメンなさい、今日は出来ません」→そして帰る

もう。。。なんでアイツが給料貰えるんだ???

5.分からない項目が含まれてる時

「アレ、これ数字おかしくない?」
「いや、ちゃんと計算しましたよ」
「いやいや、ちょっと待て。。。」
自分で計算してみる
「ほら、この項目が計算から抜けてるじゃんか」
「あぁ、それは値が分からなかったから入れませんでした」
暫く絶句・・・

分からなかったら計算に入れない?
そしてそれを俺に言わずに、平然と出来たと言って出してくる?

言えよ、一言。
「この項目が分からないんですけど、どうしましょう?」 くらい。

何で相談もせずに、終わらせた事になってる?????

書いてて本当に情けなくなってきた。

これをどうやって改革していったらいいのか。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2011

インドネシアで仕事する新鮮③

③ 言われた事しかやらない

書類にミスが見つかった。ここをこう直せと指示する。

持ってくる。

そこは直ってる。ただ、次のページの同じミスは直ってない。

生産現場で、ここをこう改善せよ、と指示する。

そこは改善される。

ただ、その横にある同じ問題は放置。

これ、不思議。

何故言われた事しかしないのだろう。
そりゃ、指示はそうだったので、間違いでは無い。

が、1から100まで全て指示してたら日が暮れる。
全社員にそんなフォローしてられる訳が無い。

うーん、、

勿論、そういう事が起きる度に、「そういう時は同じ該当箇所全てを直すべきだ」と言ってるんだけどね。

次また同じ事が起こる。

うーん、、、、

| | Comments (195) | TrackBack (0)

インドネシアで仕事する新鮮②

② 責任感

「人件費を削らないと、会社が潰れる事態に陥る場合が有るって事、分かってる?」
「え~冗談でしょ(笑)?」

一昔前、業績先行きが非常に苦しかった時の会話。
これで、管理部・経理部のマネージャーだってんだから、泣きたくなる。

これも、インドネシアだからでなく、ウチの会社固有の問題かもしれない。

ただ、給与カットが法制上出来ない(!)、クビにするのが至極難しい、そんな労働者保護色の至極強い労働法の下で育まれた環境が、当社の問題と無関係とも思えない。

更に、ウチは外資。
勿論インドネシア人の役員もいるが、日本人主導で40年弱経営されてきた経緯が有る。
事業投資現場の大きな課題だが、重要なポジションを日本人が占めてしまって昇進の道が閉ざされてしまってるのにモチベーションを保てというのが無理な話なのかもしれない。
が、それにしたって、自分の会社、という意識が低すぎる。

放っておいても、日本人が何とかするだろう、的な雰囲気が蔓延している。

だから、経営の全体像を見ようともせず、権利ばっかり主張されるシーンが散見される。

「コストが上がってるから、台数出たって利益は楽じゃない」って説明してるのに、
「生産増えてるんだから給料上げろ」って、会話になってない。なんだベースUP要望12%/年って。
自分の会社の業績がどうあろうと、給料は毎年上がって当たり前と思ってる。

せめて、「生産性で○%改善させるから、給料△%上げてくれ」ってな話なら、協議の余地は有るのだが。

自分で考えない。言われた事をやるだけ。
やる気の有る新人を取っても、そんな雰囲気に染まっていく。
結果、能力の底上げが中々進まない。

ただ、これもそんな会社にしてるマネジメントの責任。
何を求められてるのか、評価されるのはどういった場合か、を共有認識にしないと、いつまで経っても議論が進まない。
方針と評価基準をクリアにして、Top Downで改革していく必要が有る。

ただ、ここで難しいのが、明確な評価を嫌う文化。
横並びが大事で、客観的な評価は二の次。
そもそも、明確な物言いを下品だとする地域出身の人達もいる。

さてさて、どうやってメスを入れていくべきか。。。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 09, 2011

インドネシアで仕事する新鮮①

インドネシアに来て1年ちょい。
あっという間だった。日々格闘してたらいつの間にか時間が経ってた。
馴染んだ、という実感も未だ余り無い。
無論、仕事には慣れてきたけど。考え方の違いは、自分の中でも、スタッフとの間でも、中々埋まらない。

今働いているのは自動車のエンジン・スタンピング部品工場。社員1,200人。
そこのCFO兼経理部長を預かっている。とは言っても経理部はそんなに大きくない。スタッフ16名。上は52歳から下は22歳まで、老若男女の部下を抱えているのだが。。。

”人に仕事をして貰う”ってのはこんなにも難しいのか、というのが今の実感。

そらまぁ、パフォーマンスが悪ければ首にして優秀な人材を雇い直せば良い、という考え方も有るが、オーナーの意向や会社の文化、コストの問題等々で、そんなこた出来んというのが前提。
自分に求められているのは、部下の育成、現陣容のレベルアップ。

ただなぁ、何というか、一筋縄ではいかんと言うか。
インドネシアが全部そうでなく、ウチの会社特有の問題なのかもしれない。日本にもそんな会社は山ほど有るのかもしれないが、ともかく戸惑いは多い。

勿論、言葉の問題も大きい。英語が殆ど通じないから、カタコトのインドネシア語では、細かい部分まで伝えられない。
ただ、そんな事よりも、もっと根本的な違いが、自分とスタッフの間に大きく横たわっている。。。

① 締め切り

「”Deadline”って意味分かってる?」
「インシュアラー(神のみぞ知る)ってヤツでしょ?」

こんな応答を受けて、なんかもうお手上げ。
最年長の女性。「冗談冗談(笑)」って笑ってたけど、全然冗談に聞こえんぞ。

とにかく、締め切りを守らない。
守らねばならないという雰囲気も無い。締め切りを過ぎても、悪びれない。1人じゃなくて、全員が。

「これがどんなに大事で、時を移さずやり遂げる必要が有る」という事を背景・理由含めて説明し、部下も「分かった」というが、16:20(定時)になると、当たり前の様に皆帰っていく。

大丈夫かな…と思ってると、案の定締め切りに出てこない。
それどころか、催促しない限り、自分からは言ってこない。

こちらが期待しているのは、
「今日が締め切りだが、こういう理由で出来ていない。ここ迄は出来ていて、あと○○が残っている。ポイントは△△。なのでいつ迄に出来ると思う。」
という報告だが、こんな説明を聞けた事が無い。

机に呼んで「進捗は?」と聞くと、「未だ」の一言で終わり。
根掘り葉掘り聞かないと、何の説明も出てこない。

「何で決められた締め切り迄にやっていない?」と聞くと、「忙しかったから」「彼にデータを頼んだけど未だ出てこないから」等々、責任感の欠片も無い返答の応酬。

自分の評価や給料に関心が無いのかと言えば、まるで逆。めちゃくちゃこだわる。
「なんで自分の評価が彼より低いのか」
「お願いだから昇進させて欲しい」
考課時はこんな話が一杯出てくる。「だってお前仕事してないじゃん」と説明したって聞きゃしない。訴える文句が続く。

何というか、そんな仕事の仕方でも今までずっと給料を貰えて来れてしまった、と言う事なんだろな。

そりゃバス停には時刻表が無い国だけど、いくら時間にルーズな国民性が有ろうと、
ビジネスの現場でそれが許容されるとは、自分にはどうしても思えない。

さてさて、これをどうやって変えていこうか。

従来の評価制度・基準を劇的に変えたところで、ワークする訳無いし混乱を引き起こすだけだろう。ボイコットにも繋がりかねない。
今までのマネジメントの責任も有るし、その意味では従業員を被害者にしてはいけない。

だからまぁ繰り返し繰り返し言っていくしか無いんだろうけど。
ガチガチにフォローしたところで、それに甘えるだけだろうし。さてさてどうしたものか。。。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main